メニュー
トップ >法要の知識 >お包みする、袋の書き方

TBS 日曜朝6:00から時事放談でCM放映中

サービス各種お手続き 周辺散策マップ

法要の知識
お包みする、袋の書き方

お包みする、袋の書き方

不祝儀袋表書き書き方例

表書き 利用場面 表書き 利用場面
御霊前 お通夜・葬儀などに使用。宗教を問わず使えます。 御香典 仏式の通夜・葬儀などで使用します。
御仏前 49日以降の仏式法要などで仏前に供える際に使用します。 御供物料 仏式・法要などで供物の代わりに供えます。
卒塔婆料 仏式で、卒塔婆を立てて供養して頂いたお礼に使用します。 施餓鬼料 無縁仏の供養の施餓鬼会の際、僧侶に包みます
御布施 僧侶へのお礼などに使用いたします。 御膳料 僧侶などをもてなす代わりに使用します。
御車代 宗教家へ交通費として使用します。 御供花料 通夜・葬儀などで花を贈る代わりに使用します。
御榊料 神式の通夜・葬儀に使用します。 御神饌料 御神饌料の「饌」は供物を意味します。
御玉串料 神式の通夜・葬儀に使用します。 御祭祀料 神式で、神社や神職へ御礼として使用します。
修祓料 神式で、神社や神職へ御礼として使用します。 御席料 おもに神式などで、斎場などを借りた場合
御食事料 おもに神式に使用。御膳料でも可能です。 御礼 仏式、神式、キリストなど宗教問わず使用できます
お世話になった方へのお気持ちを包みます。 お花料 仏式、神式、キリストなど宗教問わず使用できます。